SNSフォローボタン

フォローする

ドラゴンズドグマオンラインのポーンのレベル上げやおすすめのジョブは?

「ドラゴンズドグマオンライン」の画像検索結果
引用元:公式サイト

ドラゴンズドグマオンラインをプレイしている時、「ポーンを連れて行く場合、どのジョブにしようかな?」となる時があります。

そんなあなたにポーンのおすすめのジョブと、レベル上げについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ポーンのおすすめのジョブは?

CPUのポーンに多くを期待してはいけません。ポーンはCPUなのだから…。

命令しても言うことを聞いてくれない」「何の役にも立ってない」などよく見る光景ですね。

だったらちゃんと役割を果たしてくれるジョブだったらって思いません?

ポーンに適したおすすめのジョブを紹介していきます。

プリースト

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88
引用元:公式サイト

自分がアタッカー(赤職)だった場合、前線でモンスターと対峙するので自然とHPやスタミナが減っていくため、HPやスタミナ回復できる支援職のジョブにさせるのをおすすめします。

プリーストに限ってはカスタムスキルは4つつけてもきちんと役割を果たすので、4つ付けるようにしましょう!!

シールドセージ

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8
引用元:公式サイト

敵を引き付けてくれるので、自分が攻撃しやすかったりして役に立ちます。ですがスキルを付けすぎるとポーンの頭では処理しきれないので1つ~2つくらいにしておきましょう。

ソーサラー

%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%bc
引用元:公式サイト

大型モンスターのゲージを削ってくれるので、入れておきたいジョブの一つですね。こちらのジョブもカスタムスキルは2つ~3つくらいまでにしておきましょう。

エレメントアーチャー

%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc
引用元:公式サイト

こちらもプリーストと同じ支援職ですが、プリーストだと魔法の詠唱時間でなかなか状態異常など回復してくれない場合があります。そんな時はエレメントアーチャーにして治し魔矢のスキルを付けておけば、すぐに状態異常も回復してくれるので便利です。

以上がおすすめしたいポーンのジョブとなっています。

自分が同じジョブを使っていたら?

例えば自分がプリーストを使っていた場合、ポーンもプリーストだと攻撃特化がいなくなりますよね?

そういった場合は、ポーンをアタッカー(赤職)にしてあげるといいです。

でもその際にポーン装備がしょぼいとすぐに昇天してしまうので、自分の装備よりポーンの装備を優先してあげましょう!!

また初めに自分(覚者)がアタッカーで育てていたなら、同じ武器・防具を装備することができるのでおすすめしたいです。(武器・防具には装備できるレベルがあるので、ポーンのレベルで装備できるか確認しましょう!!)

ポーンのレベル上げについて

ポーンのレベル上げは割と簡単にできる気がします。

覚者のレベルがポーンより高ければ高いほど、もらえる経験値(EXP)も沢山入ってきます。

あのテルサイでも1万超えの経験値をたやすく獲得することができるのです。

なので、早くレベルを上げたいのであれば、ポーンが死んで大変ですが強い敵と戦って経験値を稼がせてあげるのが一番早いかと思います。

レベル差についてはこちらの記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

ポーンのおすすめジョブとレベル上げのまとめ

ポーンのレベル上げのポイントをまとめていきたいと思います。

  • ポーンは覚者のレベルより低ければ低いほど経験値がもらえる
  • 強い敵(高レベルの敵)を倒せば入手経験値は多くなる

以上2点が抑えておきたいポイントとなっていて、選ぶポーンのジョブだったり、付けてるスキルによって苦労する戦闘などが出てくるかもしれないので、自分の動きに合ったポーンのジョブにしてみてください。

またおすすめのジョブに関しては主観的な部分なので、”このジョブのここがおすすめ“などあれば教えていただきたいです。

レベル差補正は別記事で用意しているので参考までにどうぞ。

ドラゴンズドグマオンラインのレベル差による獲得経験値について
ドラゴンズドグマオンラインのレベル差による獲得経験値について
引用元:公式サイト ドラゴンズドグマオンライオンをソロでプレイしている方もパーティを組んでプレイしている方もいるかと思いますが、レベル...