SNSフォローボタン

フォローする

DDONシーズン3.4最新情報やリファインについてのまとめ

どーも、ドラゴンズドグマオンラインを無課金でどこまでいけるかチャレンジ中の覚者ローです。

今回はDDONシーズン3.4アップデート間近ということなので、シーズン3.4の最新情報をまとめて紹介してきたいと思います。

スポンサーリンク

DDONシーズン3.4情報

2018年12月6日(木)にDDONシーズン3.4のアップデートが決定し、新しい情報が少しずつ出てきています。

ですが、まだ全部の情報は出ていないので、新情報が追加され次第、こちらの記事に追記してきたいと思います。

シーズン3.4のティザームービーも出ているので、まだ観ていない方は動画を貼り付けておくので観てみて下さい。

出典:YouTube

ストーリー

シーズン3~3.3まではアッカーシェラン大陸を舞台に王子ネドや火竜を中心としたストーリー展開されていました。

新たなシーズン3.4からはフィンダムで黒騎士を退け、姿を消していたレオが登場します。

水竜の王を倒して大陸を滅ぼしたレオは、水竜の王の竜力を奪って黒き陣営と共に理の破壊へと動き出そうとしている。

そんなレオと主人公は対峙する形になり、シーズン3.4の最終局面を迎えることになります。

またシーズン3.4では幾度となく目の前に現れた”黒騎士“も登場します。

レスタニア、フィンダム、アッカーシェラン各地に刺さる”黒き剣“と”滅びの渦“によって、おぞましい魔物が闊歩する世界へと変貌し、世界と竜の理を取り戻すために覚者たちが戦い続けるというのが公開されているストーリーです。

新モンスター

今回紹介された新モンスターとしては、

  • アバドーン
  • バフォメット
  • キラーアルベ
  • スケルトンサイクロプス・フロスト
  • ゴルゴーン
  • ダゴン
  • 黒竜

と上記の新モンスターが登場することがわかっています。

また残り体力に関わらず命を落としてしまう時限性の毒「寄生毒(キラーアルベ)」や体力や行動速度が低下する「闇炎(バフォメット)」、一気にスタミナを奪う重力魔法「闇牢(黒騎士)」などの新・状態異常も追加されるので、立ち回りや戦闘の幅が大きく変わるかもしれませんね。

新コンテンツ&新要素

次のシーズン3.4で追加される新コンテンツとしては、

  • 暗黒の大竜晶破壊戦
  • ドラゴンアビリティ
  • ワイルドハント
  • 黒呪の迷宮 深淵
  • リワードミッション

の4つの新コンテンツと1つの新要素が追加されることがわかっています。

黒呪の迷宮 深淵とリワードミッションに関しては詳しい情報がまだ出ていないので、出次第追記or別記事で紹介していきたいと思います。

暗黒の大竜晶破壊戦について

暗黒の竜晶を破壊せよ!

暗黒の大竜晶破壊戦は闇に覆われたダンジョンで、異変を調査したり解決するとチェインが積み重なり、一定以上のチェインを達成するとダンジョンクリア時の報酬が増えるバトルコンテンツとなっています。(チェインは最大で15チェイン)

今現在公開されているコンテンツの舞台としては、

  • メガド王宮層
  • メルゴダ護政区
  • ドリード城
  • ジェドレアン大神殿

の上記4つがあり、暗黒の竜晶や暗黒の大竜晶を破壊したり、祝福の結晶を護ったり、敵を殲滅したりと複数のミッションがあるので、コンテンツとしては色々楽しめるかもしれませんね。

ドラゴンアビリティについて

ドラゴンアビリティはシーズン3.4の新コンテンツ「暗黒の大竜晶破壊戦」の報酬で得られる装備に付与されている特殊能力となっていて、対峙する闇のボスモンスターとの戦いに特化した効果が発動されます。

アビリティはレベルが高くなるほど効果が上昇するので、アビリティレベルをいかに上げて戦いに挑むかが鍵になりそうです。

ドラゴンアビリティの種類としては、

  • 竜の加護(理力)
  • 竜の祝福(理力)
  • 白竜の防壁(白竜)
  • 白竜の刃(白竜)
  • ビーストスレイヤー(精霊竜)
  • 精霊竜の反撃(精霊竜)
  • 精霊竜の抱擁(精霊竜)
  • 火竜の魔防壁(火竜)
  • 火竜の浄化(火竜)

の種類があり、それぞれ付与される能力が異なってきます。

理力のドラゴンアビリティ

竜の加護:戦闘中に物理攻撃力・魔法攻撃力・物理防御力・魔法防御力が増加する。
竜の祝福:ボス撃破時に獲得できる宝箱報酬が増加する。
白竜のドラゴンアビリティ
白竜のドラゴンアビリティは黒騎士との戦闘に特化した能力が付与されます。
白竜の防壁:敵の物理攻撃力上昇に合わせて物理攻撃のダメージを無効化するバリアを展開。バリア展開時は筋力・魔力・疲労攻力・チャンス攻力が増加するが、物理攻撃を受けるか時間経過によりバリアの耐久値は減少する。
白竜の刃:敵の鎧硬化に合わせて吹き飛ばし力が増加し、鎧硬化状態を解除しやすくなる。鎧硬化状態を解除すると、敵が体勢を崩している間、筋力・魔力・疲労攻力・チャンス攻力が増加する追加効果が発動される。
精霊竜のドラゴンアビリティ
精霊竜のドラゴンアビリティは魔獣アドバーンとの戦闘に特化した能力が付与されます。
ビーストスレイヤー:アドバーンの弱点部位に一定量のダメージを与えると敵に大ダメージを与える追撃が発生する。
精霊竜の反撃:敵が攻撃を放ったタイミングで攻撃してきた部位や周囲の弱点部位を攻撃すると”精霊竜の反撃アイコン”が増加する。アイコンが満了になると、破壊可能部位へのダメージ量が大幅に増加する。
精霊竜の抱擁:キラーアルベのダメージを軽減する。但し、敵の体力が少ない場合は発動しない。
火竜のドラゴンアビリティ
火竜のドラゴンアビリティはバフォメットとの戦闘に特化した能力が付与されます。
火竜の防壁:敵の”魔法攻撃力上昇”に合わせて魔法攻撃のダメージを無効化するバリアを展開する。バリア展開中は筋力・魔力・疲労攻力・チャンス攻力が増加するが、魔法攻撃を受けるか時間経過によりバリアの耐久値は減少する。
火竜の浄化:闇炎の状態異常にかかった際に回復までの時間が短縮される。回復までの時間は付与されるやや増減する。

以上がドラゴンアビリティの種類とその効果となります。

ドラゴンアビリティがどういったタイミングで使用できるのかなどの詳細はまだわかりませんが、装備に付与されているとのことなので、そのモンスターと戦う時に発動でき、ドラゴンアビリティポイントを割り振っていくことで自身を強化していけると思います。

ドラゴンアビリティの継承について

ドラゴンアビイリティは装備に付与された能力となっていて、ジョブエンブレムのように能力を継承することが可能になります。

継承には同じタイプのDA(ドラゴンアビリティ)が付与された防具が4つ必要になり、防具の付与ポイントによって継承率が異なってきます。

・白竜のDA 4pt付与×4=4pt継承率100%
・白竜のDA 4pt×3、白竜のDA 3pt×1=4pt継承率75%
と継承する4つの防具の数値によって継承率が異なってくるので、高い数値を継承させたいのであれば同じ数値の防具を4つ揃える必要があります。

ワイルドハントについて

ワイルドハントは通常では存在しない大きさや強さを持った魔物の討伐依頼を受けることができ、クリアすると大量のPP(プレイポイント)を獲得することができます。

宿場区にいるリサから受注が可能で、リサの信頼度によって受注できるクエストが異なってくるそうなので、信頼度を高めてより高報酬の魔物に挑戦していくことになりそうです。

ハントターゲットの種類
・メインターゲット
・ボーナスターゲット
メインターゲットを倒してリサに報告すると追加でPP報酬を得ることができ、ボーナスハントのクエストはリーダー回しが可能とのことです。

PPを多く稼ぎたい方はフレンドやクランメンバーとリーダー回しを行うと、より多くのPPを獲得することができます。

リーダー回しのやり方
1.最初のリーダーがクエを受注
2.指定の場所でモンスターを討伐
3.クエストをクリアして報告
4.次の人にリーダーを渡す
5.手順1~4を繰り返す
と簡単にできる反面、野良のPTで募集をすると持ち寄り詐欺をされることがあるので、ワイルドハントを行う際は十分に注意しましょう!

リファイン情報

こちらはシーズン3.4でリファインされる内容をまとめていきたいと思います。

ジョブ関連のリファイン

まずは各ジョブでリファインされる内容をまとめていきたいと思います。

ファイターのリファイン

攻撃キャンセルモーションが追加

攻撃をキャンセルして盾を使った「流剣閃」「流盾翔」のスキルを出せるようになる。
ブレイブスレイド
ダメージ量が増加。
流盾翔
落下攻撃でモンスターがガードしても技が中断されることなく最後まで攻撃が行える。

エレメントアーチャーのリファイン

ノーマルスキル「魔眼転移」が追加

「連魔弾」や「減防魔弓」などの複数箇所をロックオンできるスキルが1箇所に集中してロックオンできるようになるので、弱点に攻撃を集中させることが可能になります。
魔矢3種
癒し魔矢:攻撃力アップの効果を付与。(最大で7発)
治し魔矢:防御力アップの効果を付与。(最大で7発)
奮わせ魔矢:スタミナ回復効果アップ。(最大で7発)

閃魔光

飛距離&ホーミング性能アップ。
跳弾魔従
跳弾後の追尾性能アップ。

ソーサラーのリファイン

バックムーブ

無敵時間を追加が追加。バックムーブの動きも調整が加えられ、より回避しやすくなる。
ライトニングステイク
敵にロックオンして足元に設置できるようになる。また詠唱時間の短縮とスペリングの効果もUPもされ、よりダメージを出せるようになる。
プロミネントスフィア
1ヒットあたりのダメージ量は減少するが、その分ヒット数が増加。
9種のスキル
フレイムウォール(技/剛)、フロストスパイク(技/剛)、ダークネスミスト(技/剛)、ブラックヘイズ、クレセントブレード、メテオフォール、ロックビート、サンダーレイン、プロミネントスフィアのロックオン距離が延長。

ハンターのリファイン

穿ち接射

スキル使用時に最大本数を使用していたのを15本消費に変更。(威力は以前と同等)
紅蓮爆矢
紅蓮爆矢使用時の隙がなくなる。
鬼神射ち
1ヒットあたりのダメージ量は減少するが、その分ヒット数が増加。
アビリティ
充矢:矢の増加数がアップされる。

ウォリアーのリファイン

リベンジゲージに関係なく攻撃力が1.1倍

今まではリベンジゲージを上げてMAXまで溜まると1.1倍まで攻撃力が上がっていたのが、リベンジゲージ蓄積量に関係なく、攻撃力が1.1倍出せるようになる。※「魔人斬り」と「魔人駆け 剛」はリベンジゲージの影響を受ける。
大牙抉り
引き抜き攻撃中のモンスターの揺さぶりへの耐性がつくようになる。またボタン連打による最大揺さぶり回数が増加されるので、揺さぶり速度の上昇がより短時間で発生するようになる。
魔人駆け 技
スタミナが続く限り走り続けることが可能になる。
耐魔の身構え
空振りした時の隙が緩和されるようになる。
凌魔の身構え
再発動に必要な時間が短縮される。

プリーストのリファイン

クイックチャージ

クイチャ展開時は動くことができなかったのですが、リファイン後は展開を解除しても一定時間効果エリアが残るようになる。

ソラースライザー 剛

回復する治癒上限値の増加。

その他リファイン

ジョブ関係以外のリファイン情報をまとめていきたいと思います。

3.4でリファインされる内容としては、

  • MQのイベントシーンのリプレイできる家具を追加
  • 保管ボックス(拡張枠)の追加(合計10ページ)
  • ボックス内の整頓機能
  • アビリティのプリセット枠が20まで追加
  • 状態異常時のレバガチャ時間短縮
  • ジョブエンブレムのEP(エンブレムポイント)がPPでリセット可能

上記がその他リファインとなっています。

まとめ

今回DDONシーズン3.4の新情報やリファインについて記事をまとめましたが、まだまだ不確定な部分も多いので、新シーズンにUDされた時にそれぞれのコンテンツについて記事をまとめていこうと思います。

他にも「こんな新情報があった」や「こんなリファインもされる」などありましたらコメントなどで教えていただけるとありがたいです!

シーズン3.4UDも間近なので、UDが楽しみですね♪