SNSフォローボタン

フォローする

【DDONシーズン3.4】ドラゴンアビリティの合成と竜防具について

どーも、ドラゴンズドグマオンラインを無課金でどこまでいけるかチャレンジ中の覚者ローです。

今回はDDONシーズン3.4から実装された『ドラゴンアビリティと竜防具』について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラゴンアビリティとは

ドラゴンアビリティは特定の防具(竜防具)を装備すると上記画像のように、その場所の数値が上がり対象のモンスターと戦う際に発動することができるアビリティです。

ドラゴンアビリティの種類と効果について

種類としては、

  • 理力
  • 精霊竜
  • 火竜
  • 白竜
  • 黄金竜
  • 対黒竜

の6種類あり、それぞれ発動するモンスターや効果が異なってきます。

では、各ドラゴンアビリティの効果について紹介していきたいと思います。

理力

理力のドラゴンアビリティは闇の眷属(アバドーン/バフォメット/黒騎士/黒竜)で発動するドラゴンアビリティで、他のドラゴンアビリティと違ってパーティの合計値ではなく自分のみの合計値になります。

竜の加護:戦闘中に物理攻撃力・魔法攻撃力・物理防御力・魔法防御力が増加する。
竜の祝福:ボス撃破時に獲得できる宝箱報酬が増加する。

また理力に関しては、他のドラゴンアビリティ分も数値として加算されます。

精霊竜

精霊竜のドラゴンアビリティは「黒界の門番」で登場する「アバドーン」と「理を破壊する力」で登場する「黒竜」で必要なアビリティとなっています。

パーティの合計値で発動するレベルが異なってきます。

ビーストスレイヤー:アバドーンの弱点部位に一定量のダメージを与えると敵に大ダメージを与える追撃が発生する。
精霊竜の反撃:敵が攻撃を放ったタイミングで攻撃してきた部位や周囲の弱点部位を攻撃すると”精霊竜の反撃アイコン”が増加する。アイコンが満了になると、破壊可能部位へのダメージ量が大幅に増加する。
精霊竜の抱擁:キラーアルベのダメージを軽減する。但し、敵の体力が少ない場合は発動しない。

火竜

精霊竜のドラゴンアビリティは「狂宴に舞う蒼影」で登場する「バフォメット」と「理を破壊する力」で登場する「黒竜」で必要なアビリティとなっています。

パーティの合計値で発動するレベルが異なってきます。

火竜の防壁:敵の”魔法攻撃力上昇”に合わせて魔法攻撃のダメージを無効化するバリアを展開する。バリア展開中は筋力・魔力・疲労攻力・チャンス攻力が増加するが、魔法攻撃を受けるか時間経過によりバリアの耐久値は減少する。
火竜の浄化:闇炎の状態異常にかかった際に回復までの時間が短縮される。回復までの時間は付与されるやや増減する。

白竜

精霊竜のドラゴンアビリティは「黒き闇の覚者」で登場する「黒騎士」と「理を破壊する力」で登場する「黒竜」で必要なアビリティとなっています。

パーティの合計値で発動するレベルが異なってきます。

白竜の防壁:敵の物理攻撃力上昇に合わせて物理攻撃のダメージを無効化するバリアを展開し、バリア展開中は筋力/魔力/疲労攻力/チャンス攻力が増加する。(※物理攻撃を受けるか時間経過によりバリアの耐久値は減少)
白竜の刃:敵の鎧硬化に合わせて吹き飛ばし力が増加し鎧硬化状態を解除しやすくなり、鎧硬化状態を解除すると、敵が体勢を崩している間は筋力/魔力/疲労攻力/チャンス攻力が増加する追加効果が発動。

黄金竜

精霊竜のドラゴンアビリティは「理を破壊する力」で登場する「黒竜」で必要なアビリティとなっています。

パーティの合計値で発動するレベルが異なってきます。

ドラゴンスレイヤー:黒竜の弱点部位や黒竜によって召喚された竜晶に一定量のダメージを与えると、大ダメージを与える追撃が発生する。
黄金竜の一撃:黄金竜の攻撃により、敵の特定の攻撃を中断することができ、破滅の力の蓄積量が減少する。

対黒竜

対黒竜のドラゴンアビリティはなく、黒竜防具で全ドラゴンアビリティを継承することができます。

ドラゴンアビリティの強化について

ドラゴンアビリティはクラフトで強化することができ、強化する際「理力」「精霊竜」「火竜」「白竜」「黄金竜」と「対黒竜」では強化の方法が異なってきます。

理力~黄金竜:クラフトで強化可能
対黒竜:合成で強化可能

対黒竜のドラゴンアビリティ合成については後々説明していきたいと思います。

まず理力~黄金竜までの強化としては、「異界の雫」と各竜晶破壊戦で入手できる素材で☆4まで強化が可能となります。

★4強化後の数値の変化例(精霊竜~黄金竜防具まで)
・精霊竜+3、理力+2 → 精霊竜+4、理力+2
・精霊竜+4、理力+2 → 精霊竜+4、理力+3

上記の数値の変化を見てもらうとわかる通り、○○竜+3の防具でも☆4にすれば+4の数値にすることができ、ピンク色の防具に変化します。

ドラゴンアビリティ合成について

ドラゴンアビリティの合成には元となる「黒砕防具」が必須となっていて、上記画像のように精霊竜~黄金竜までのドラゴンアビリティのついた防具も必要になってきます。

また対黒竜のドラゴンアビリティを強化する場合は、他のドラゴンアビリティの数値によって継承数値も異なってくるので、詳しくは下記の継承率を参照してください。

対黒竜の数値:+4まで(4部位合計+16)
理力の数値:☆4強化で最大+6(4部位合計+40)

ドラゴンアビリティの継承率について

ドラゴンアビリティ合成をする際に「継承率」というものがあり、合成させる防具の数値によって継承率が異なってきます。

+4×4を合成:+4継承率100%
+4×3、+3×1を合成:+4継承率75%、+3継承率25%
+4×3、+2以下を合成:+4継承できない

上記の通り、+4で継承させたい場合は+4防具を4つ合成か+4×3、+3×1で合成するしか継承することができないので注意しましょう!

合成に理力は関係ない?

黒砕防具にドラゴンアビリティを継承する際に「○○竜+○」と「理力+○」の数値がありますが、黒砕防具に継承する場合は○○竜の項目のみとなっています。

なので、合成をする際は理力の数値の低い防具から合成していくといいかもしれません。

竜防具について

竜防具はドラゴンアビリティ発動に必須な防具となっていて、今のところIR130~IR135までの防具を入手することができます。

また下記のように職種ごとに装備が分かれているので、自分のメインジョブや、やりたいジョブ用の防具を揃えておきましょう!

  • 重装(ファイター/ウォリアー)
  • 軽装(シーカー/ハンター/Sランサー)
  • 魔道(ソーサラー/プリースト/Eアーチャー)
  • 魔戦(アルケミスト/Sセージ/ハイセプター)

竜防具の色の違いについて

竜防具を入手した際、「ピンク」「ゴールド」「シルバー」の3種類あって違いがわからない方もいると思うので簡単に説明していきたいと思います。

竜防具は色によってドラゴンアビリティの数値が異なっています。

竜防具の色の違いの数値例
ピンク:○○竜+4

ゴールド:○○竜+3
シルバー:○○竜+0~2

より高い数値の防具にしたい場合は、ピンク色の防具を入手orゴールド色の防具を強化する必要があります。

竜防具の種類について

竜防具の種類としては、

  • 精霊防具(IR130)
  • 炎王防具(IR130)
  • 白翼防具(IR130)
  • 黄金防具(IR130)
  • 黒砕防具(IR135)

の5種類があります。

精霊防具~黄金防具まではEM暗黒の大竜晶破壊戦かEM闇の眷属で入手できますが、黒砕防具だけは入手方法が異なってきます。

竜防具の入手方法について

竜防具を入手する方法としては、

  • 暗黒の大竜晶破壊戦クリア報酬で入手
  • 闇の眷属クリア報酬で入手
  • 素材交換で入手

の3種類があります。(精霊防具~黄金防具のみ)

鑑定交換に必要な素材
・異界の雫×99
・各EMで入手できる素材×99

交換した竜防具には各ドラゴンアビリティと理力が付与されますが、数値がランダムになっています。

黒砕防具の入手方法について

黒砕防具は精霊防具などと異なり、レーゼかメガドのクラフトルームから素材交換をして入手するしか方法がありません。

黒砕防具の交換素材
オリハルコン(アバドーン):15個
墜落の禁角(バフォメット):15個
黒銀のケイオスメタル(黒騎士):15個

交換する部位によって使う素材が異なってくるので、自分の欲しい部位の交換素材を取りに闇の眷属を周回して集めましょう!

竜防具解体でも強化素材が入手できる

クラフトルームにいるクレイグorスレイマンに話かけて「武具の資源分解」→「竜防具の分解」→「防具の項目」→「分解したい装備を選択」→「受け取り先を選択」の操作を行うと必要のない竜防具を入手することが可能になります。

竜防具を解体すると上記画像のように強化素材となる「異界の雫」と「各EMの素材」を入手することができますが、黒砕防具を解体しても暗黒の大竜晶破壊戦の素材は手に入りません。

また竜防具の解体できる数としては、1日10回までで回数のリセットは毎朝5:00にリセットされます。

竜防具の強化と必要強化素材について

暗黒の大竜晶破壊戦で入手できる竜防具は★4まで強化することが可能になります。

竜防具に必要な強化素材(精霊~黄金まで)
★0→★1:異界の雫×60、各EM素材×60
★1→★2:異界の雫×80、各EM素材×80
★2→★3:異界の雫×100、各EM素材×100
★3→★4:異界の雫×120、各EM素材×120

全部位共通で上記の必要強化素材と必要数となっているので、防具を強化したい場合は暗黒の大竜晶破壊戦で素材を集めなければいけません。

黒砕防具の強化素材は☆4までの必要強化素材数が確認でき次第追記していきたいと思います。

当たりの竜防具について

当たりの竜防具は精霊防具~黄金防具と黒砕防具では異なってきます。

精霊防具~黄金防具の当たり
○○竜+4、理力+3

精霊防具~黄金防具に関しては理力が低くても黒砕防具に合成して数値を継承するので、理力のドラゴンアビリティを気にしない方は理力+1とかでもいいかなと思います。

黒砕防具の当たり
対黒竜+0、理力+5

上記でも書きましたが、☆4強化で理力+6まで上がるので、なるべく+5を引いて合成するようにした方がいいかなと思います。

まとめ

ドラゴンアビリティや竜防具についてまとめましたが、他に疑問に思っていることなどあればコメントなどから質問していただけると助かります。

今回の竜防具がシーズン最強の防具ではなく、次に来るWM(追懐戦記)でシーズン最強相当の防具が入手できるかもしれないので、新しい情報が待ち遠しいですね!

またIR135武器に関しては極限合成ができるようになっていて、シーズン3.3のWM(悪しき竜)で入手できる武器を☆4にしておくと、より強力な極限合成ボーナスが付与されるのでまだ持っていないorフル強化していない方はWMもやって武器強化するといいと思います。

WM「蘇りし絶望の炎」については別記事でまとめているので、わからない方はこちらも参考にしてみてください。